ドラッグストアの薬剤師求人


近年、ドラッグストアは各地に展開されています。
都市部しかなかった時代は終わり、郊外にも沢山出来ています。
ドラッグストアという名前だけあって、薬品も取り扱っている為、販売する為には薬剤師を常駐させていなければなりません。
そのため、ドラッグストアでも求人を行っています。私の地元の京都 の薬剤師求人も同様です。
自分が薬剤師であるということは分かるように、白衣の着用や名札に薬剤師であることを明記する必要があります。
また、いらっしゃったお客様への対応も必要になる為、薬品に対する知識と接客スキルも必要になります。
その他にも、棚卸しなどの作業をすることがあります。
また、ドラッグストアによっては、病院などで処方されたお薬を処方出来るシステムを導入しているところもあります。
その店舗によっても違ってきます。
今後も生活環境の変化に伴う体調不良を訴える方がお薬を必要とし、薬剤師としての需要はあります。
しかし、ドラッグストアも進化していることによって、それに合わせたスキルアップも必要になってくるでしょう。
商品の知識だけでなく、接客応対のやり方や、また違ったサービスを提供出来るような付加価値が今後は必要になってくるでしょう。
常に向上心が必要となってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です