レーシック手術について調べてみた


レーシック手術に対して興味を持っている人は多いのではないでしょうか。私もその一人です。というのは、友人がレーシック手術 札幌でしたときいたからです。

そこで、自分なりにレーシック手術について、その治療法の概要をざっくりと説明してみます。レーシックというのはLaser in Situ Keratomileusisという英語の頭文字をとった略語であり、日本語に直すとレーザーを角膜に対して照射し視力を修正するという意味になります。この言葉の通り、レーシック手術はエキシマレーザーという機械を使用して、眼の角膜を薄く削り、眼に入る光の屈折を調節することによって視力回復を図るための手術になります。全米では非常にメジャーな治療法となっており、その症例数は年間で130万件にものぼっています。その影響もあり、日本でも2000年1月から厚生労働省の認可がおり、レーシック手術が行われるようになってきています。現在では日本において多くの人が利用しており、眼鏡、コンタクトにかわる第三の視力矯正として認識されてきつつあります。有名な芸能人やスポーツ選手などが率先して利用してきたこともあり、現在では日本においても年間約45万人が利用している治療法になっています。治療行程はシンプルであり簡単に説明すると4つの行程から説明できます。一つ目は点眼麻酔です。検査の上で問題なければ点眼麻酔を行い治療開始です。二つ目はフラップの作成です。開眼器でまぶたを開き、レーザーでふたとなるフラップを作ります。3つめは屈折矯正です。エキシマレーザーを使用し、角膜の実質層を削り視力矯正を行います。あとはフラップをもとにもどし、点眼による消毒を行って治療は終了です。

案外簡単に終わるので、真剣にレーシック手術を考える様になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です